安城市でブランド品・ルイヴィトン ネヴァーフルの買取は買取専門店わかばドン・キホーテ刈谷店

愛知のわかばグループ 全国のわかばグループお問い合わせはこちら

安城市でブランド品・ルイヴィトン ネヴァーフルの買取は買取専門店わかばドン・キホーテ刈谷店

安城市でブランド品・ルイヴィトン ネヴァーフルの買取は買取専門店わかばドン・キホーテ刈谷店

2021/03/11

安城市の皆さんこんにちは!!

ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランド品や18金、プラチナなどの貴金属などを中心に買取しております、買取専門店わかばドン・キホーテ刈谷店です(^^♪

本日は【ブランド品:ルイヴィトン ネヴァーフル】の買取を致しました!!

ルイヴィトンと言えばフランスパリ発の老舗ブランドで、ロゴが付いたバッグは、世界中の人が愛する不動のロングセラーでもあり、ブランド嗜好の日本人が、一番初めに思い浮かべるブランドの一つですよね(^^)!

ルイヴィトンのなかでも、ダミエ柄はモノグラム柄よりも先の、1888年に誕生しベーシックで飽きの来ない柄としてロングッヒットとなっています。バッグの他にも、財布、ポーチや携帯ケースなど様々な商品が出ています。

ところでそんなダミエ柄ですが、何かに似ていると思いませんか?

ルイ・ヴィトンのダミエ柄は、日本の「市松模様」がルーツと言われています。市松模様とは、黒と白などの正方形を互い違いに並べた格子柄模様のことを言います。江戸時代の人気歌舞伎役者佐野川市松が、舞台衣装に格子模様を使ったのがはじまり。佐野川市松ファンの女性たちから流行になり、市松模様と呼ばれるようになりました。ルイ・ヴィトンのダミエ柄が馴染み深い理由は、日本人が見慣れた柄だからなんですね。ただ、当時のルイヴィトンでは職人が手書きしていたそうなのでシンプルな模様とはいえ、大変だったでしょうね。

ダミエだけではなく、モノグラムも日本の家紋からヒントを得ているとされていることから、ルイヴィトンのデザインと日本での長年にわたりい愛され続ける人気の関係性は、日本の文化が関わっているのかもしれませんね(*^_^*)

買取専門店わかばドン・キホーテ刈谷店では、ルイヴィトンの他にもグッチ、シャネル、などのブランド品の買取にも力を入れています!

また、革製品のリペアも承っておりますので、ボロボロになってしまって使わなくなってしまったバッグなどございましたら、お気軽にお持ち込み下さい!

買取専門店わかばドン・キホーテ刈谷店にてお待ちしております!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。